UQ WiMAXってお試しできるの?Try WiMAXで実際に試してみた!


「UQ WiMAXってお試しできるの?」

「ホントに無料なの?」
 

UQ WiMAXを正式申し込みする前に、ルーター端末を借りて実際にお試しできたらと思いますよね?
 

でも、本当に完全無料で試せるのか、お試しの後に契約を迫られたりするんじゃないかと心配になっていませんか?
 

そこで、UQ WiMAXのお試しサービスを実際に私が申し込んでみました。
 

UQ WiMAXのお試しサービス「Try WiMAX」って何?

UQ WiMAXにはTry WiMAXという無料で15日間WiMAXをお試しできるサービスがあるんです。
 

WiMAXは契約期間の縛りがありますし、途中で解約すると違約金も発生しますから、契約する前にちゃんとつながるのか、速度はどうかなど、実際に使ってみて使用感を確かめてみたいと思うもの。
 

そんな方のために、実際にルーター端末を借りてWiMAXを15日間体験できるのがUQ WiMAXのお試しサービス「Try WiMAX」です。
 

UQ WiMAXのお試しサービス「Try WiMAX」を実際に申し込んでみた

UQ WiMAXのお試しサービス「Try WiMAX」を実際に申し込んでみましたので、順を追って解説します。
 

まずはエリア確認

Try WiMAXに申し込む前に、まずは利用予定の場所がUQ WiMAXの対応エリアかどうか確認しましょう。

>>UQ WiMAX サービスエリアマップ
 

Try WiMAXの申し込みページから仮登録

Try WiMAXの申し込みページの「今すぐWEBで申し込み」をクリックすると、仮登録画面に進みます。


約款と利用規約、重要事項説明を確認して、同意するをクリックします。
 


認証URLの送付先メールアドレスと、認証コード送付先の電話番号を入力して、仮登録を完了します。
 

仮登録完了メールの認証URLから本登録


仮登録完了メールに記載の認証URLをクリックすると、本登録に移ります。
 


SMSに届いた開通コードを入力して、確認するをクリックします。
 


希望のルーター端末とご利用目的を選び、申込者の氏名、性別、住所、連絡先電話番号、クレジットカードの情報など、必要事項を入力して確認するをクリックします。
 

なお、クレジットカードの情報を入力するのは、レンタルする機器が期限までに返却されなかった場合や、機器を破損、紛失した際に、違約金をクレジットカードから引き落としするためです。
 

出荷完了メールで返却期限日を確認


本登録が完了すると、Try WiMAXのルーター端末一式の出荷完了メールが届きます。
 

貸出端末名、貸出開始日、返却期限日等が記載されていますので、しっかり確認しておきましょう。
 

特に返却期限日は間違いのないように注意が必要です。・
 

配送は佐川急便ですので、メールに記載のお問い合わせ番号を佐川急便のホームページで入力すれば、配送状況も確認できます。
 

端末一式が到着


端末一式が到着しました。
 


青いパッケージを開けると端末とSIMカード、クレードル、取扱説明書などが入っています。
 


キャンペーンのチラシ以外のすべてを返却期限までに返却する必要がありますので、紛失しないように注意してください。
 

ルーター端末にSMIカードをセット

さっそくルーター端末にSIMカードをセットして使ってみましょう。


端末により多少の違いはありますが、端末裏面のカバーを外して、バッテリーも取り外しSIMカードをセットします。
 

金属の端子部分は触れないようにしてください。
 

SIMカードをセット後、バッテリーを装着してカバーを着け、側面の電源ボタンを3秒ほど長押しして電源を入れましょう。
 


 

アンテナが2本以上立っていれば、ルーター端末の設定は完了です。
 

速度や接続状況を確認してみよう


オフィスや自宅などUQ WiMAXを利用する予定の場所で、実際にインターネットに接続してみましょう。
 

速度やつながり具合はどうか、じっくり試してみてください。
 

UQ WiMAXのお試しTry WiMAXの返却方法


UQ WiMAXのお試しTry WiMAXの返却は、上記画像の通り、キャンペーン広告以外のすべてを届いたときのボックスで梱包して返却します。
 

本登録後に届いたメールに記載の返却期限までに到着するように、余裕を持って返送しましょう。
 

端末一式に同封されていた返送用の配送伝票を貼り付けて返送すれば、送料はかかりません。
 

詳しい返送方法は、Try WiMAXご返却方法のカードも参考にしてください。
 

UQ WiMAXのお試しサービス「Try WiMAX」の注意点

UQ WiMAXのお試しサービス「Try WiMAX」にはいくつか注意しておきたいポイントがありますので確認しておきましょう。
 

Try WiMAXが2回目という方は180日以上経過してから

Try WiMAXが2回目という方は、前回Try WiMAXを利用してから180日以上経過していないと申し込みできません。
 

前回の本登録のメールを確認して、180日以上経過しているか確認してから申し込みましょう。
 

Try WiMAXでも通信制限はある

Try WiMAXでも通常のWiMAXサービスと同じく通信制限は適用されます。
 

毎月1日からのWiMAXとLTE方式の合計通信量が7GBを超えた場合と、直近3日間のWiMAXとLTE方式の合計通信量が10GBを超えた場合には、速度制限されます。
 

そのため、月の半ば以降に申し込んで、他のユーザーが使っていた端末が届いた場合、通信制限が適用される可能性もあります。
 

これを避けるには、Try WiMAXの利用開始日が毎月の月初になるように申し込みましょう。
 

Try WiMAXの機種と在庫確認

Try WiMAXでお試しできる機種は、モバイルルーターと、ホームルーターがありますが、最新機種は貸し出し中で在庫なしという事も多いです。
 

最新機種を借りたいという方は、月初の申し込みが集中するタイミングの前から常に在庫確認しておきましょう。
 
>>Try WiMAX レンタル貸出機器の在庫状況
 

Try WiAMXの返却遅れは違約金が発生する

Try WiMAXに利用は利用開始日から15日間と決まっています。
 

返却期限日を過ぎても返却しなかったり、機器を破損、紛失した場合には、下記の違約金がクレジットカードから引き落としされます。

貸出機器の種類違約金(税抜)
WiMAXルーター(クレードルなし)20,000円
WiMAXルーター(クレードルなし)22,750円
SIMカード  3,000円

 

返却期限日までにキャンペーンチラシ以外のすべてがUQ コミュニケーションズ社に到着するように余裕をもって返送しましょう。

タイトルとURLをコピーしました