光回線はいらない?工事不要なWiMAXと比較してみた。


「そもそも固定回線って必要なんだろうか。。。」

「パソコン持ってないし、光回線っていらないかも。。。」
 

昼間は仕事や学校でほとんど家にいないし、光回線を引く必要ってあるのかな?って思ってませんか?
 

今や小学生でもスマホを持つ時代。
 

家族それぞれがスマホを持ち、それぞれの生活スタイルに合わせてネットに接続しています。
 

自宅で固定回線を使ってネットに接続するケースって、意外に少なくなっているかもしれませんね。
 

ここでは、そもそも光回線って必要なのかを考えながら、光回線と今人気上昇中のWiMAXのメリットとデメリットを比較してみます。
 

光回線っていらないんじゃない?メリットは何?


光回線のメリットは、安定していて高速、無制限というところです。
 

通信量が無制限で速度制限がない

光回線には通信量の制限がありません。
 

決まった料金でいくらでも使いたい放題です。
 

スマホやポケットWiFi、WiMAXのように速度制限もありませんから、家族みんなで複数端末を繫いでゲームを楽しむ、高画質で動画を見るのも安心。
 

通信量の制限なしで速度制限の心配がない点が光回線の最大のメリットです。
 

速度が速い

オンラインゲームをとことん楽しみたいという方なら、やっぱり光回線。
 

光回線は、インターネット上からファイルを送受信する速度が速いだけでなく、応答速度も速いので、オンラインゲームを楽しむ際のコントローラーの操作と、画面上の動きにタイムラグがほとんど感じられません。
 

高画質の動画を視聴する際にも、画面が止まることも少なく、ストレスなく楽しめます。
 

通信が安定している

光回線は各戸に光ケーブルを引き込みますので、WiMAXのような無線通信と異なり、周辺環境に左右されることもなく通信が安定します。
 

ただし、同一エリア内で利用者が多くなる夜間は、速度が低下することもあります。
 

光回線はいらない!光回線のデメリットって?


通信量無制限で速度も比較的速い光回線にも、いくつかデメリットがあります。
 

開通工事が必要

光回線を利用するには、光ケーブルを引く工事が必要です。
 
マンションなどの集合住宅の場合は、賃貸なら大家さんに許可を得る必要がありますし、持ち家のマンションでも管理組合への連絡、工事業者との工事日程の調整、工事の立ち合いなど、意外にわずらわしいものです。

また、工事業者が部屋に入りますので、女性の一人暮らしの場合、不安を感じる方も多いでしょう。
 

開通工事があることもあり、光回線は申し込みから開通までに2週間~1ヶ月くらいかかります。
 

集合住宅だと速度は遅くなることもある


光回線に対応していないマンションの場合、電柱から管理人室などの共有部分に光回線を引き込み、共有部分に引き込まれた光回線を各戸で共同利用することになります。
 

そのため、夜間など棟内での利用者が多くなる時間帯は、速度が遅くなってしまいます。
 

全国どこでも引けるわけではない。

光回線は、その名の通り、光ファイバーのケーブルを電柱を使って張り巡らされています。
 

人口の多い都市部や地方でも加入者の多い地域にはすでに光ケーブルが届いていても、過疎地のように人が少ない地域にはまだ光ケーブルが届いていない場合が多いです。
 

ケーブルがまだ届いていない地域では、光回線を希望しても提供エリア外という事で回線を引くことはできません。
 

光回線はいらない?WiMAXのメリットは?

光回線はいらないという方が注目する人気のネット回線、WiMAXのメリットを確認してみましょう。
 

回線工事が不要

WiMAXは光回線のような開通工事がありません。
 

申し込み手続き完了後、すぐにルーター端末を受け取ってインターネットに接続することもできちゃいます。
 

Webからの申し込みでも、ルーター端末の即日発送に対応してくれるところもあり、申し込みの翌日~翌々日に利用開始も可能です。
 

外出先でもWiFiが使える

軽量小型のWiMAXのルーターは、気軽に外出先に持ち出せます。
 

外出先でスマホを使うときも、WiMAXに繋げば、速度制限の心配もなく、快適にネットが楽しめます。
 

外出先でFree Wi-Fiを使うという方もいらっしゃると思いますが、Free Wi-Fiはセキュリティの心配があります。
 

しかし、WiMAXなら高度に暗号化されており、セキュリティの心配もなく、外出先でも安心してネットに接続できます。
 

配線なしでお部屋スッキリ

WiMAXは、スマホのような小型軽量のルーター端末1つで、有線接続することなくネット接続が可能です。
 

ケーブル類がゴチャゴチャすることもなく、お部屋もスッキリ。
 

ケーブル周辺にホコリがたまってお掃除がタイヘンなんてこともありません。
 

光回線はいらない?WiMAXにもデメリットはあるでしょ?


WiMAXにもデメリットはありますが、年々改善されてきています。
 

通信制限がある

WiMAXもスマートフォンと同様に通信制限があります。
 

しかし、WiMAXの速度制限は以前よりだいぶ緩和されました。
 

直近3日間の合計通信量が10GBを超えた場合に、翌日の18:00~翌々日の2:00まで速度制限されるだけです。
 

この時間帯以外には通常のスピードでネットに接続可能です。
 

光回線と比べると速度は遅い

光回線は理論上のスピードで最速10GBというものもありますが、WiMAXは最新機種で下り最大558Mbpsです。
 

実効速度では10Mbps~100Mbpsといったところですが、光回線と比較すると、反応速度も遅くなるため、一部のオンラインゲームではストレスを感じることもあります。
 

しかし、動画視聴やメールの送受信、SNSの利用やニュースサイトの閲覧など、一般的なネット利用ではほとんど速度不足を感じることはありません。
 

場所によっては繋がりにくい

WiMAXは基地局からの距離や、周辺の建物の状況、対応エリアかどうかなどでも繋がりにくいことがあります。
 

周囲の電子機器から発せられる電波などにも影響を受けるため、コピー機や電子レンジなどの近くでは通信が乱れることもあります。
 

光回線がいらない人ってどんな人?


光回線がいらない人は一人暮らしの方や、家にいる時間が少ない人、オンラインゲームはやらないという人です。
 

一人暮らしならWiMAXがおすすめ

一人暮らしの方ならWiMAXがおすすめです。
 

昼間は仕事や学校で家にいないし、光回線を引いたとしても、使うのは平日の夜間と週末だけということになるでしょう。
 

昼間にネットを使うのは、外出先でのスマホという方なら、スマホの料金プランをデータ量が最小のプランにして、WiMAXと併用した方が料金も節約できます。
 

オンラインゲームをやらないならWiMAXでも十分

WiMAXのスペックは年々向上しており、一般的なネット利用で速度不足を感じることはほとんどないでしょう。
 

しかし、WiMAXは応答速度では光回線よりもかなり遅くなることもあるので、オンラインゲームをガッツリ楽しみたいという方は、光回線を選んだ方がいいでしょう。
 

オンラインゲームはやらないという方なら、WiMAXがおすすめです。
 

タイトルとURLをコピーしました